時計 じ かけ の オレンジ あらすじ

15歳のアレックス・デラージ(Alex DeLarge)をリーダーとする少年4人組. あらゆるタブーを破った『時計じかけのオレンジ』(1971)。 公開当時は批評も分かれ、絶賛する声と、その過激な内容を問題視する意見に分かれました。 イギリスでは公開後に起きた少年の殺人事件が、この映画に影響を受けたものだと判断され、キューブリック監督の所には脅迫状が届くようになります。 またカトリック団体はこの映画はモラルに反しているとし、カトリック教徒に視聴することを禁じました。 家族への影響を恐れた監督は、映画の上映禁止を要請します。 よってイギリスをはじめ、世界中の様々な国でこの映画は最近までお蔵入りとなりました。 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ そのような問題作ですが、映画は芸術的に秀でており、50年近くの年月を経た後も新鮮に映ります。 セットデザインや美術の巧妙さには唸らずを得ず、衝撃的な内容は映画を見終わった後もいつまでも記憶に残ります。 身の危険を冒してまで、また批判を恐れずにこの映画を製作したキューブリック監督、スタッフの人々に敬意を表さざるをえません。 キューブリック監督のファンであっても、なくても一見の価値ありの作品です。. . · 時計じかけのオレンジの映画について ネットであらすじ的なのを読んだらかなり、残忍なシーンもあるようでしたが、女性が観ても、理解出来る映画でしょうか?村上龍の作品や羊たちの沈黙シリーズ等の過激なシーンのある作品にも、多少の免疫はあります。ただ残酷な事件などの詳細を.

今でも十分過激な映像世界が広がっていますが、公開当時はそれこそ大事件。実際この映画の影響を受けて殺人事件まで起きています。 年齢指定などの対策を講じたりキューブリック監督に抗議が殺到したりとすったもんだがあり、こうしてちゃんと映像作品と評価されるまではたくさんの紆余曲折があったようです。監督は1999年に他界しますが、イギリスでは2000年のビデオの取り扱いまで27年もの間、作品の上映が禁止されていました。 ワタシは高校生の頃に初めて観ましたが、このあまりにぶっ飛んだ世界観の衝撃たるや. 8点と高評価を獲得。 低評価としては、残酷な描写があることや独特の色使いや撮影方法が受け付けないという意見もあるようです。. Entertainment Inc. さて、最後になりましたがこの小説版の最大の魅力を語っておきましょう。 なんといっても面白い一人称。 ずっと主人公アレックスの語りで小説は進んでいきますが、作者が若者たちの文化の1つとして「ナッドサット」というスラングを創作しただの語りに独特のリズムを持たせています。 これがほんとに面白い。 ロシア語からインスピレーションを受けたようですが簡単に紹介すると‥ デボーチカ(オンナのコ) ドルーグ(仲間) ミリセント(ポリ公) モロコ(牛乳) トルチョック(乱暴する、ボコボコにしちまう) ブリトバ(かみそり) ガイバー(頭) などなど、、これが下手な描写よりもずっと物語の舞台を表現しています。情景描写なんてお構いなし。これが荒廃した近未来の中を暴れる若者たちの姿をリアルに感じさせてくれます。 でぃすけのつぶやき 確かにキューブリックによる映画版はものすごい作品です。 あの映像センス、シンセバリバリのベートーヴェンに不気味なインテリア、どこにも無駄のない映像作品として仕上がっています。これがぐんぐんと評価されてしまうのは仕方ないことだと思います。 ただ原作に込められたラストを改めて読んでみると随分と印象が変わってきますね。 悪も善も自分の意志で選べなくてはいけない 強烈な皮肉に満ちたこの作品。是非一度原作を読んでみて新たな魅力を感じて欲しいと思います。 やっぱり面白いな。.

夜な夜な悪事をはたらくアレックスの意外な趣味がクラシック音楽を聞くこと。 その中でも彼が敬愛しているのがベートーヴェンです。 映画ではベートーヴェンの交響曲第9番二短調を基調にして、その他にもヘンリー・パーセルの『メアリー女王の葬送音楽』やジョアキーノ・ロッシーニの『泥棒かささぎ』序曲、『ウィリアム・テル』序曲などクラシックの名曲が効果的に使われています。 過激な暴力とセックスとクラシック音楽は一見ミスマッチですが、音楽担当のウェンディ・カーロスの編曲の効果もあり、これらクラシック音楽が映画をより斬新にドラマチックに仕立てています。. 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ 元々ロンドンで使われていたスラングだそうです。 一見美味しそうなオレンジでも中身が時計じかけ・・・つまり 一見感性豊かな人間に見えても、中身は洗脳されて機械のように生きている人間 という事です. 「あらすじ」暴露としては 第 145 弾で~す(((((ノ゚ ゚)ノ 採り上げるのはあの有名な映画 『時計じかけのオレンジ』(A Clockwork Orange,スタンリー・キューブリック監督、 1971)の原作であるアンソニー・ バージェスの同名SF小説(1962)!. 時計仕掛けのオレンジに欠かせないもの、それは暴力性である。序盤から最後まで繰り広げられる暴力とセックスの嵐であり、公開当初のアメリカでは17歳未満の鑑賞はできないというX指定であった。それにも関わらず時計じかけのオレンジは大ヒットとなった。 この映画の暴力性はかなりリアルであり、実際にアレックスを演じたマルコム・マクダウェルもケガを負っている。 例えばルドウィコ療法で強制的に映画を見せられるシーン。このシーンでは、目を閉じさせないための器具をアレックスにつけさせているのだが、この撮影中マクダウェルは金具で角膜を何度も引っかかれ、角膜を傷つけている。 またルドヴィコ療法を終え、出所後のアレックスがかつての悪友たちに暴力を振るわれるシーン。このシーンではアレックスが悪友の警官たちに水桶の中に顔を突っ込まれるのだが、このシーンのマクダウェルは実際に溺れそうになっていたという説もある。 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ そして暴力行為を彩るのが音楽である。この作品はアレックスのクラシック音楽好きという設定が生かされ、様々なクラシック音楽が使用されている。例えばベートーヴェンやエルガーの『威風堂々』である。そして特に印象的. 全体主義的雰囲気漂う近未来のロンドン。 15歳のアレックス・デラージは3人の仲間たちと「ドルーグ」というギャングを組み、夜な夜な暴行、レイプ等の非行に明け暮れていた。 ある夜、猫好き高齢女性宅に侵入したアレックスは誤って女性を殺してしまう。 仲間に裏切られて一人警察に捕まったアレックスは14年の禁固刑になる。 服役して2年後、アレックスは刑期を削減するため、噂に聞いた人格矯正治療「ルドヴィコ治療」の実験台となることを申し出る。 刑務所を訪れた内務大臣に見初められたアレックスはこの治療を受けることとなる。 それは秘密の薬を打たれ、瞼を固定して目を見開いた状態で暴力映像を見続けさせられるという奇妙で残酷な治療だった。 治療が終わったアレックスの身体は暴力に対して強烈な拒否反応を起こすようになる. 冒頭のコロヴァ・ミルク・バー。 ギャング達が通うこのバーは黒い壁で囲まれ、至るところに白い裸の女性の像が飾られています。 開脚して重なった女性の像はテーブルとして使われ、バーの名物、ドラッグが入った「ミルク・プラス」は女性の乳首から出てきます。 またアレックスと家族が住むアパートは赤やオレンジ、黄色とけばけばしい色の壁紙が貼られ、それとはミスマッチな緑のソファーが置かれていたりします。 アレックスの母親もカラフルなウィッグにミニスカート、赤のロングレザーブーツと「ぶっ飛んだ」格好で登場します。 その他、侵入した高齢女性、猫レディの家は開脚した裸体女性のエロティックな絵で溢れていたり、男性器のオブジェが大切に飾られています。 このようなふざけた、ミスマッチで悪趣味とも取れるセットデザインや美術が全編を通して次々と現れ、観客の視覚を刺激し続けます。 これらのデザインはキューブリック監督とプロダクション・デザイナーのジョン・バリーのアイデアによるものです。 キューブリック監督は撮影ロケーションを綿密に調査し、ロケハンのため何千枚にも及ぶ写真を撮ったそうです。 またプロダクション・デザイ.

See full list on renote. 『時計じかけのオレンジ』は、1971年に公開されたスタンリー・キューブリック監督による近未来のイギリスの管理社会を舞台にしたSF映画である。この映画は主人公の暴力的な少年やその仲間たちが繰り広げる凄惨な暴力描写が多くあり、映画館での公開が禁止されたこともある。しかし同時に. 時計じかけのオレンジ(1971)の映画情報。評価レビュー 件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マルコム・マクダウェル 他。 鬼才スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SF。近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人. .

Amazonでアントニイ・バージェス, 乾 信一郎の時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)。アマゾンならポイント還元本が多数。アントニイ・バージェス, 乾 信一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. これまでも述べてきた通り、『時計じかけのオレンジ』(1971)は、多くの人から高評価を受ける作品でもあります。 海外映画レビューサイトRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では90%の指示を集めました。 また、日本の映画レビューサイトFilmarksでも5点満点中3. 1971年にイギリスで作成された本映画はスタンリー・キューブリック監督の代表作品。 平成の人間は観たこともなかろうが、タイトルは今までにない変わった映画で想像ができない。 広告もギョロっとした目の男がこっちを見ている。. 名映画監督スタンリー・キューブリックの代表作『時計じかけのオレンジ』。過激な内容で賛否両論を巻き起こした問題作ですが上映されて50年経った今も根強い人気を誇っています。見るのは怖いけど. 時計仕掛けのオレンジあらすじ【ネタバレ】 あらすじは起承転結で紹介します。 まとめて言うならば、日夜暴力をして満たされていたアレックスという少年が、ある日警察に捕まり刑務所での生活を始めます。.

近未来のロンドン。秩序は乱れ、治安は悪化し、性道徳は退廃していました。 そんなロンドンでギャングをしていて、セックスと暴力とベートベンのみに生きがいを感じる15歳の少年アレックス(マルコム・マクドウェル)。彼をボスとして、ピート、ディム(ウォーレン・マクドウェル)とジョージ(ジェームズ・マーカス)の4人は、その夜も街で暴れまわっていました。 彼らは手始めとして、酒ビン片手に橋の下で酔っ払っている1人の老いた浮浪者を、ステッキや棍棒で袋叩きにし、一方的な暴力を行使し、爽快になったアレックスは別の獲物を求めて街を歩きます。 荒れ果てたカジノでは、別の少年ギャング集団が、1人の女性に暴行をしていると、アレックスたちは殴り込み、敵の一味のボスに傷を負わせます。 さらに、アレックスたちは、スポーツカーで街を突っ走ります。郊外の邸宅にやってきた彼らは、覆面をつけ、押し入り、そこの住人である、作家のアレクサンダー(パトリック・マギー)の眼前で彼の妻を陵辱します。 満足して、バーに戻ってきた彼らは、ミルクを片手に一休みします。しかし、ピートと些細なことで喧嘩し、決別します。 こうして一晩は終わり、帰宅したアレックスは、大好きなベートベンの第九交響曲を聴きながら幸せそうな顔で眠りにつきます。 ある日、ディムとジョージはアレックスに反抗します。そして、猫を多頭飼いしている老婆の家に押し入った際、アレックスを裏切り、警官に引き渡します。 刑務所でアレックスは、聖書を読む模範囚でした。刑務所長は刑期の短縮と引き換えに、最新療法の実験体第1号となることを提案します。 その新治療法は、凶悪犯罪者の人格を人工的に矯正するルドヴィコ療法と呼ばれるものでした。一刻も早く出所したかったアレックスは、その要求を快諾します。 アレックスは、連日、薬剤を注射されうえで衝撃的で過激なフィルムをみせられ、そのショックから暴力やセックスが耐えられない肉体に改造されてしまいます。 その実験中に彼の大好きなベートベンが大音量で流されたことで、曲を聴くだけで激しい吐き気を催すようになってしまいます。 ついに治療結果を政府の偉い方にお披露目する日がやってきます。舞台に上がったアレックスは、1人の男に暴力を振るわれます。 アレックスは、殴り返そうと試. ども! 映画好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです! 本記事では、映画『時計じかけのオレンジ』のあらすじと超個人的感想、そして無料視聴方法も紹介します(^^♪ 僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!. 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ 時計じかけのオレンジ 原作. セットデザインのみならず、映画の内容も始めから終わりまで一貫してふざけています。 学校も行かず、夜な夜な意味もなく暴力を繰り広げる少年たち。 女性を性の対象としか見ず、少年たちは欲望のままに暴行します。 描かれているのは全体主義的な社会ですが、秩序はありません。 権力を持っているはずの政府の職員達も滑稽です。 アレックスが服役した刑務所の看守は型通りに動くだけで、無能に見えます。 刑務所の牧師は囚人達には届かない神の言葉を永遠と喋り続けます。 犯罪を軽減する目的で行われる実験的な人格矯正治療では被験者の身体への悪影響や治療後の副作用について考えられていません。 政府の役人は政治の為に人格矯正治療を推し進め、それが失敗すれば被験者のアレックスに媚を売って、何事もなかったかのように振る舞います。 一方反政府勢力のリベラルな人達は、被験者のアレックスを自殺に追いやって政府批判に利用しようとし、政府勢力と同じく、一個人の命を自分達の目的のため利用しようとします。 アレックスはといえば、様々な政治目的に利用され、家族にも見放され、ボロボロになりながらも、悪への衝動を止めることはありません。.

こんにちは、管理人のかずです。 今回はスタンリー・キューブリック監督の奇作、「時計仕掛けのオレンジ」の考察記事を書きたいと思います。性暴力などの過激な描写が話題の今作ですが、テーマは奥深いものがあります。 トレイラー 作品情報 あらすじ 見どころ 俳優 マルコム. 作中でアレックスたちが話すナッドサット語は、英語とロシア語とスラングが混ざったもの。原作小説で使われていた時も分かりにくいとの批判もあったこの言葉だが、映画でも使用されている。映画ではキューブリックが分かりにくくなることを危惧して、原作よりも使用回数は少ないが、原作の世界観を壊さないように大切に使われている。 またアレックスと悪友のファッションも独特である。白いつなぎにボーラー帽、片目だけのつけまつげという独特なスタイル。そしてアレックスたちが集会をしていたバーの家具も個性的である。この家具は1960年代のはじめのポップアート作家のアレン・ジョーンズという芸術家の作品である。このように時代を感じさせない緻密な世界観が『時計じかけのオレンジ』を魅力溢れる作品にしている要因であろう。. See more results.

『時計じかけのオレンジ』とはイギリスの小説家アンソニー・バージェス原作の小説、そして小説を映画にした同名の映画である。この映画を手掛けたのは、有名すぎるSF映画『年宇宙の旅』(1968)の監督のスタンリー・キューブリック。近未来の管理社会の中で、暴力とセックスに明け暮れながら生きる少年アレックスを描く物語である。 映画『時計じかけのオレンジ』はアメリカにて1971年に公開された。凄惨な暴力描写を巡って論争が起きはしたものの映画は大ヒットし、アカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートもされた。しかしアメリカと同様に公開されたイギリスで、殺人事件を起こした少年たちが『時計仕掛けのオレンジ』から影響を受けたと証言するようになり、キューブリックの元に抗議の声や脅迫状が送られるようにもなった。そしてキューブリックは、1973年にはすべての映画館で『時計仕掛けのオレンジ』の公開を禁止し、再上映が行われるようになったのはキューブリックが亡くなった1999年である。 このように映画『時計じかけのオレンジ』を巡っては様々な論争や事件が起きた。そして同時にこの映画には人を惹きつけてやまない魅力があるカルト的な映画であると言える。. 今でも大好きな作品の一つです。 まずはこの『時計じかけのオレンジ』の魅力を語りましょう。. アントニイ・バージェス:著 乾信一郎:訳 ハヤカワepi文庫スタンリー・キューブリック監督の問題作「時計じかけのオレンジ」それには、小説版がある。あらすじは映画版とほぼ一緒であるが、最終章があるのと、所々細かい描写が異なる。一番の違いは、映.

時計じかけのオレンジ の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリー. 時計じかけのオレンジとは、アンソニー・バージェスが上梓したディストピア小説、およびそれを基にスタンリー・キューブリックが制作した洋画の1つである。本記事では後者の映画版を主に扱う。 概要. そしてキューブリックの映画、アメリカで発売された原作(最初に出版されたバージョン)には21章が削除されていました。しかしこの削除された21章こそ、作者バージェスの語る本質が含まれているのです。 簡単に終盤を説明すると、ルドヴィコ療法により強制的に善を選ぶことしかできなくなってしまったアレックス。こうした自由意志の剥奪を良しとしない反政府団体に悪用され自殺未遂をします。 病院で目を覚ましたアレックスは元の人格に戻っていました。ルドヴィコ療法の問題点が発覚し失脚を恐れた内務大臣は、アレックスに元の人格に戻ったように振る舞うよう頼みます。アレックスは大音量の第九番を聴き、邪悪な笑みを浮かべすべてが元通りになって幕を閉じます。. 時計仕掛けのオレンジ 20/21 エンターテイメント Paer20. アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約805件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 守鍬刈雄のLINEスタンプ販売中! → me/S/sticker/9539489 「スタンプショップ」からクリエイターズスタンプで「守鍬刈.

時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)/アントニイ・バージェス¥777Amazon. 舞台は近未来のロンドン。クラシック音楽、中でもベートーヴェンをこよなく愛する15歳のアレックス・デラージをリーダーとする少年4人組“ドルーグ”は、今夜もコロヴァ・ミルク・バーでドラッグ入りミルク“ミルク・プラス”を飲みながら、いつもの. 完璧主義者として有名なキューブリック監督の意欲作『時計じかけのオレンジ』は、様々な工夫や、社会を俯瞰してみる多角的視点、皮肉たっぷりのブラックジョークが詰まっており、至極感嘆します。 ここには記してないですが、マーケティングなどもキューブリック監督自らが行い、面白く興味深い逸話が数々あり、現在でも、多くの映画ファンに愛され、議論されています。 このミュージカルコメディ映画は、きわどく、不謹慎で、愉しく、奥深く、人間らしい展開に、キューブリック監督の中核となる「人間と社会の暴力性と善悪の所在」というテーマにより、観るものを深く考えさせる作品となっています。. 『時計じかけのオレンジ』 1971年 137分 監督:スタンリー・キューブリック ※画像をお借りしています 〔 3行でわかるあらすじ 〕 ・15歳の少年アレックスは、3人の仲間と共に暴力行為を繰り返して毎夜を楽しんでいた. ちょっと気になりませんか?今回は物語のあらすじ・ネタバレ・ラストを徹底解説します.

See full list on diskdisk. 『時計じかけのオレンジ』(とけいじかけのオレンジ、A Clockwork Orange)は、アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とする1971年公開の映画。スタンリー・キューブリック監督。. See full list on cinemarche. 舞台は荒廃した近未来のイギリスである。この街は治安が悪く、毎夜ギャングたちによる抗争が引き起こされており主人公アレックスもその一人。彼は悪友とともに悪事ばかりを働いていた。そしてある夜も、女性を強姦しようとしていたギャンググループを打ちのめした後、アレックスたちは緊急事態を装って侵入したある中年作家の家を襲い、中年作家に暴力を振るい、作家の妻をレイプした。しかしその頃、アレックスのグループ内ではリーダーの座を巡っていざこざが起きていた。翌日も仲間とともに悪事を働こうと、昨日と同じ手口で金持ちの女性が住む一軒家に押し入ろうとしたが、女性により警察に追放される。仲間を外で見張らせ、一人屋敷に忍び込んだアレックスは、女性を撲殺してしまう。そして警察が到着した頃には、アレックスの仲間たちはすでに逃げており、アレックスだけが警察に逮捕されてしまった。 逮捕されたアレックスは懲役14年の実刑判決を言い渡され、アレックスは模範囚として過ごしてきた。そして二年目のある日、ルドヴィコ療法という囚人を更生させ、早く出所させるという治療が行われているという噂を耳にする。アレックスは早く出所したいという思いから志願し、見事に試験者として選ばれる。 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ ルドヴィコ療法は、医者による投薬が行われたうえで、映画館で流される暴力映像を見せられるというものである。この療法は暴力行為と生理的嫌悪を結びつけてしまう効果があった。治療は成功し、アレックスは暴力行為を行おうとすると、吐き気を催す体質になってしまった。さらにアレックスは映像とともに流されていたベートーヴェンの音楽にも嫌悪感を抱くようになってしまった。 出所後のアレックスは、かつて暴力を加えた老人に襲われ、対抗しようとしたが吐き気を催してしまう。またかつての仲間にも再会するが、彼らは警察官になっており、アレックスをリンチする。抵抗できないアレックスはそのまま放置され、ぼろぼろの状態になってしまう。そしてぼろぼろのアレックスは、そうとは知らず以前暴力を振るった中年作家の家に行ってしまう。中年作家はアレックスたちの暴力のせいで、車いす生活となってしまい、彼の妻はアレックスのレイプのため自殺をしていた。 中年作家はアレックスがかつて自分たちを襲った仮面の男性とはわかっていなかったが、ルドヴィコ療法の試験者だとは知っていた。中年作家は犯罪対策に手段を. 主人公は残忍な少年。 強盗、暴行を罪と思わず、逆に快楽を感じるほどのサディストです。. 時計じかけのオレンジのあらすじ 悪さばかリをして生活していた4人組の一人アレックス。 アレックスはある日3人に裏切られ老女を殺してしまい懲役14年の刑を受けました。 。. 「時計じかけのオレンジ」レビュー! 監督:スタンリー・キューブリック 脚本:スタンリー・キューブリック 時計 じ かけ の オレンジ あらすじ 公開:1972年 主演:マルコム・マクダウェル.

『時計じかけのオレンジ』(1971)は、イギリスの小説家、評論家であるアンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作としています。 原作小説は21章から構成されている作品であり、アメリカ合衆国発売された際に、一部原作者のバージェスの意図が無視され、最終章である第21章が出版ミスで抜け落ちた状態で発売されてしまいました。 21章は、出版社からの指示でバージェスが付け加えた章であり、アレックスが再び暴れ回り、生活に飽きてきたある日のことが描かれます。 内容としては、アレックスが旧友であるピートと再会し、彼には妻がおり、子どもが生まれたという話を聞き、自分も身を固めて暴力から卒業しようと決意するという展開です。 しかし、”暴力は若気の至りだった”ということが結論となるので、この章は削除してしまっても良かったのかもしれません。 元々無かった章を出版社からの指示で加えた挙句、最終的にその章が丸々抜け落ちてしまっていたという、にわかに信じがたい話です。. 『時計じかけのオレンジ』(1971)のラストは、救いの無いように描かれています。 具体的に説明すると、ルドヴィコ療法実施によって更生したアレックスは、暴力性を失い、生ける屍のようになってしまいました。 そんな彼に自殺未遂で低下した政府の支持率の回復のために内務大臣からデモンストレーションを行って欲しいという話が舞い込みます。 これを了承するアレックスは、内務大臣からプレゼントを受け取ることに。 最後はアレックスの暴力性の象徴としても作中で使用されていたクラシック音楽「第九」のなかで、セックスシーンを思い描きながら、邪悪な表情を浮かべるというものです。 これはアレックスに内在していた邪悪な心、暴力性、幼稚な心が蘇ってしまったシーンだといえます。 キューブリック監督は、前述した21章を盛り込む予定は無かったため、このようなラストシーンが完成したのです。. 【公開】 1971年(アメリカ映画) 【原題】 A Clockwork Orange 【監督】 スタンリー・キューブリック 【キャスト】 マルコム・マクドウェル、パトリック・マギー、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、マッジ・ライアン、マイケル・ゴヴァー、マイケル・ベイツ、エイドリアン・コリ、アンソニー・シャープ 【作品概要】 1962年に出版されたアンソニー・バージェスの同名小説をスタンリー・キューブリックが、製作、脚本、監督を務めて映画化。原作者のアンソニー自身が“危険な本”と語った世界観をキューブリックは見事に映像にしています。 特に有名なシーンには、主人公アレックスが心酔するベートーベンの第9交響曲、また強姦する場面に流れる『雨に唄えば』などの音楽を効果的に使用しています。撮影はジョン・オルコット、美術はラッセル・ハッグとピーター・シールズ、音楽はウォルター・カーロス、編集はビル・バトラーが行なっています。.



Phone:(157) 937-7289 x 8921

Email: info@fvbr.sarbk.ru